布花(ぬのばな)は、

針と糸で縫い付けてつくっているのではなく、

ボンド』で、貼り付けながら

つくっていきます。

 

布花をつくる際、

絶対必要な材料になります。

 

ボンドと聞くと

ワタシの頭に思い浮かぶのは、

あの黄色い『木工用ボンド』♪

 

もちろん

こちらを使っても大丈夫なのですが、

ワタシは、制作しやすいように、

大きくわけて2種類のボンドを

使い分けてつくっていきます。

 

使い分けることで、

とっても効率が上がるんです‼︎

 

サラリとすべりが良い=ソフトボンド

くっ付きが良い=ハードボンド

この2つです。

 

どちらも、

花の材料として売っているものを

使用しています。

 

『ソフトボンド 』は、

木工用ボンドと似たような感じのものですが、

 

もう一つの『ハードボンド』は、

なんとも言えない、使い良さがあります❤︎

 

瞬間接着剤のようにすぐに、

くっついてしまうわけではないのですが、

いい感じにとどまってくれて、

ちょっと動かしたり、付け直したり

調整することができます。

 

以前、

布花をつくる前は、

テディベアや帽子中心に

ハンドメイドを楽しんでいたのですが、

その頃は、どうしても

このボンドが苦手で⋯⋯

 

ボンドを信用していないというか⋯⋯

針と糸で縫い付けないと不安というか⋯⋯

 

できれば、

\『ボンド』を使いたくない/

と思っていました。

まるで、食べず嫌いのように(笑)

 

でも、

布花で『ボンド』を使うようになってから、

あれだけ、嫌がっていたのに、

今では、

他のハンドメイドでも、

布花で使っている『ボンド』を使うようになりました❤︎

 

『ハードボンド』

他のハンドメイドにも

ワタシ的には、大変オススメです。

 

是非、機会がありましたら、

『ハードボンド』試してみてください。

 

今日も、最後までお読みいただき

ありがとうございました😊